posted by 水中ウォーキング on 6月 19

疲れには、いろんな原因があります。

その中の一つとして、活性酸素が挙げられます。

 

強いストレスや働き過ぎなどにより、体内には活性酸素が大量に発生します。

ストレスが全くない状態などありませんし、現代人は常に働き過ぎだと言われます。

ですから、活性酸素が体にたくさん発生してしまうことは非常によくあることなのです。

 

この大量の活性酸素は、私たちの体の細胞にダメージを与えます。

すると、この細胞が「傷つけられた」というメッセージを脳に送ります。

すると脳は、「からだが疲れている」と認識します。

 

これが、活性酸素による疲れのメカニズムです。

つまり、「疲れた」という感覚は、体から発せられたSOSと言えるのです。

ですから、単なる疲れとして放っておいてはいけません。

 

イミダペプチドには、この活性酸素を取り去る効果があります。

活性酸素をなくす物質を抗酸化物質といいますが、イミダペプチドも抗酸化物質の一つ。

そして、イミダペプチドの抗酸化作用はとても強いと言われています。

 

だから、イミダペプチドを摂取すると、疲れが取れるのですね。

 

疲れを感じた方の多くは、栄養ドリンクを飲んだり、元気が出るサプリメントを使用したりするでしょう。

ところが、どんなにそれらを使用しても、疲労回復にはつながらないという場合があります。

 

もしもあなたが、「栄養ドリンクやサプリメントではどうも疲れが取れない」と感じているなら、その疲れの原因は活性酸素なのかも…。

だとしたら、あなたの疲れに有効なのはイミダペプチドだと考えられます。

 

今までどんな方法でも疲れを回復できなかったという方は、抗酸化作用の強いイミダペプチドを飲んでみてください。

Comments are closed.

Copyright(c) 健康で美しく  All Rights Reserved.